アーリーリタイア準備中

アーリーリタイアすることを目標にしている40代後半独身中年男性のブログです

アーリーリタイアを目指すことになった経緯

いままであまり詳しく書いていませんでしたが、私がアーリーリタイアを目指すことになった経緯について、箇条書き形式で書いていきたいと思います。だいたい時系列になっています。

 

①若手社員時代に不遇な時を過ごした

いま思うと、若手社員時代の5年間程度はいろんな意味で劣悪な環境で労働をしており(当時はそれが当たり前だと思っていましたが)、「労働」というものにネガティブなマインドを持ってしまったのが、アーリーリタイアを考えるそもそもの発端だと思っています。

 

②30代後半ぐらいで昇進がやや遅れた

勤務先で若干不当な評価をされた時期があり(客観的に見ても実力は不足していなかったと思う)、40歳手前時点で周囲より昇進が遅れてしまいました。「もう今後昇進しないかも」と考えるようになり、同時に「そうなったら会社に居にくくなるし、早めに辞めることなるのかな」と思ったのもアーリーリタイアを真剣に考える一因となったと思います。

※もっとも、その後に転職をしたことにより昇進の遅れは気にならなくなりましたが、きっかけという観点でみると大きな影響だったと思っています。

 

③40歳過ぎぐらいから一生独身かな、と思うようになった

結婚を考えていた時期もありましたが、諸事情で立ち消えになってしまったりで、いまだに独身です。配偶者や子供がいないと、背負うものもないですし、世間体もそこまで気にしないでいいので、アーリーリタイアという選択肢を視野に入れるのも自然の流れでした。

 

④45代半ばぐらいから本当に仕事がしんどくなってきた

これは純粋に加齢によるものですが、精神的にも肉体的にも少しつらくなってきましたので、早く労働から解放されたい、という気持ちが日に日に強くなっている状態です。

 

⑤それなりの収入があり、その結果蓄財も順調に進んだ

これは前述の④の対価になりますが、幸いにして勤務先の給与水準が世間より高く、若いころから比較的順調に蓄財が進んでいることもアーリーリタイアを目指すことを大いに後押ししています。

 

⑥会社を辞めてやりたいことがある

具体的には海外旅行・海外移住に興味があります。完全に仕事から解放され、日々新鮮な気持ちでいろんなことを体験していきたいなぁと思っています。

 

ま、こんなところです。いまだに気持ちは変わりません。これからも頑張ります。